スポンサーリンク

ダンベルを使ったトレーニングに慣れてくると、次に欲しくなるのがバーベルです。

バーベルはベンチプレスで胸を鍛えるイメージが強いと思いますが、ダンベルが全身を鍛えられるようにバーベルも背中・脚・腕などを鍛えることができます。

ダンベルのみのトレーニングからステップアップしたいなら必須アイテムです。

スポンサーリンク

重量の選び方

重量の選び方

重量はあなたの現在の筋量やどんな体を目指しているのかで変わってきます。

細マッチョを目指すなら体重と同じ重量、ゴリマッチョを目指すなら体重以上の重量を目安に購入すると良いです。

重量選びの目安
  • 細マッチョが目標なら体重と同じ重量
  • ゴリマッチョを目指すなら体重以上の重量

運動経験が少なかったり何年も運動から遠ざかっていて、比較的筋量が少ないのであれば体重の半分の重量でベンチプレスをするのもキツイはずです。人によってはできないかもしれません。

それでも焦らずトレーニングを続けて、自分の体重と同じ重量でベンチプレスを3セットこなせるくらいになれば細マッチョ程度にはなれます。もちろんベンチプレスだけではなくダンベルも使って全身鍛えていることが前提です。

逆に普段から運動していて体力に自信があるなら、体重の半分の重量ならいきなり挙げることができるはずです。そういう方ならとりあえずの目標は自分の体重と同じ重量を挙げることです。

普段からトレーニングしていないと体重と同じ重量は挙げられないですし、このレベルまで来るとかなりいい体になっているはずです。ここから先はあなたの目指す体に向けて重量を上げて行ってください。

スポンサーリンク

シャフトの長さ

シャフトの長さ

バーベルを購入する際に一番気を付けなければいけないのがシャフトの長さで、どのメーカーも基本的には160cm・180cm・200cmの三種類の長さが用意されています。

購入前に設置予定場所をメジャーで測り、設置可能かどうかを必ず確認してください。

おそらく大丈夫だろうと200cmのシャフトを購入すると、いざ届いてみたらスペースが取れなくて結局160cmを書い直さなければいけなくなったりします。

他にもパワーラックに設置する予定で160cmを購入して届いてみたら、短すぎたなんてこともあるので注意してください。

シャフトの長さの目安
  • プレスベンチでバーベルを使うなら160cm
  • パワーラックでバーベルを使うなら200cm
スポンサーリンク

プレートの種類

プレートの種類

プレートには[アイアンプレート]と[ラバープレート]の2種類があります。

プレートの種類
  • アイアンプレート(鉄がむき出し)
  • ラバープレート(ゴムで覆われている)

アイアンプレートは安価で購入できますが、鉄がむき出しのため床が傷つきやすく、床に置いた時に大きな振動と音がしやすいです。

ラバープレートは少しだけ価格が高くなりますが、床が傷つきにくく床に置いてもあまり振動や音がありません。

アパートなどの集合住宅だと近隣住民への騒音問題がありますし、一軒家だとしても床に傷を付けたくないはずなので、圧倒的にラバープレートがオススメです。

カラーについて

カラーとはプレートを押さえる留め具のことです。

ダンベルはスクリューシャフトが主流ですが、バーベルはノーマルシャフトが主流で、付属しているカラーは圧着タイプです。

圧着タイプのカラー

バーベルは高重量を扱うので、このタイプのカラーだと万が一緩んだら大変危険です。そこで非常にオススメなのが、別売りのスプリングカラーです。

スプリングカラー

スプリングカラーは非常に強力なバネで締めつけるため、トレーニング中に緩んだりしません。そしてプレートの付け替えが非常に早く楽に行えます。

価格も数百円と非常に安いので、バーベル購入時に一緒に購入した方が絶対に良いです。後から購入すると、数百円の物に対して数百円の送料が掛かり損した気分になります。

この記事のまとめ

絶対に失敗しないバーベルの選び方まとめ
  • 細マッチョが目標なら体重と同じ重量
  • ゴリマッチョを目指すなら体重以上の重量
  • シャフトの長さは設置場所を測定してから決める
  • ラバープレート
  • スプリングカラー

イヴァンコというメーカーは高品質メーカーなのでやや価格が高いですが、それ以外のメーカーは価格的に同じくらいで購入しやすいので、自分にあったメーカーを探してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事