筋トレ初心者でも絶対に失敗しないトレーニングベンチの選び方

ダンベルやバーベルだけでもある程度の種目はできますが、トレーニングベンチと組み合わせるとさらにトレーニングの幅が広がります。

本格的なトレーニング以外にも女性のシェイプアップにもあると便利です。自宅でトレーニングするなら最低一つはトレーニングベンチを用意することをオススメします。

トレーニングベンチの種類と選び方

トレーニングベンチはどんなトレーニング種目を行うかで必要なベンチが違います。

トレーニングベンチの主な種類
  • フラットベンチ
  • インクラインベンチ
  • プレスベンチ
  • クランチベンチ
  • プリーチャーカールベンチ
  • バックエクステンションベンチ
  • レッグカール&エクステンションベンチ

メーカーや商品によっては名称が違うことがあります。

これだけ種類があると悩んでしまいますが、優先的に購入するべきなのは「フラットベンチ」か「インクラインベンチ」のどちらかです。

理由はトレーニングできる種目が多く価格も安いため、非常にコスパが高いからです。

フラットベンチ
フラットベンチは安価で購入できるスタンダードなトレーニングベンチで、行えるトレーニング種目が多くコストパフォーマンスが高いベンチです。

インクラインベンチ
インクラインベンチは背中部と座部の角度を変えてより専門的なトレーニング種目を行うことができるベンチで、フラットベンチとしても使用することができます。価格はフラットベンチより少し高くなります。

基本的にはダンベル・バーベル・フラットベンチ(インクラインベンチ)の3点があれば、かなり多くのトレーニング種目を行えるので最低限この3点は揃えた方がいいです。

インクラインベンチはフラットベンチよりも数千円高いだけなので、断然インクラインベンチをオススメしますが、悩むようなら女性ならフラットベンチ、男性ならインクラインベンチを購入するといいです。

またはダイエットを目的とした筋トレならフラットベンチで、筋肥大を目的とした本格的な筋トレならインクラインベンチという選び方でもいいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

絶対に失敗しないダンベルの選び方まとめ

  • 男性ならインクラインベンチがオススメ
  • 筋肥大が目的ならインクラインベンチがオススメ
  • 女性ならフラットベンチがオススメ
  • ダイエット目的ならフラットベンチがオススメ

現段階でインクラインベンチの必要性が感じられないのであれば、とりあえずフラットベンチを購入してもいいと思いますが、筋トレを続けて筋肉がついてくるとトレーニングが日課になったり、さらに良い身体(カッコいい身体)を目指したくなります。

そうなると高確率でインクラインベンチが欲しくなると思うので、それならば初めからインクラインベンチを購入する方がいいと思います。

スポンサーリンク